【トヨタ クラウンスポーツ PHEV 新型試乗】欧州PHEVとは全く違う!抜きん出た世界観をもつ一台…南陽一浩

Your video will begin in 15
Skip ad (5)
1 Views
Published
【トヨタ クラウンスポーツ PHEV 新型試乗】欧州PHEVとは全く違う!抜きん出た世界観をもつ一台…南陽一浩 HEVのクロスオーバーとスポーツ、そして燃料電池車をも含むセダンと、単一モデルでなく「群」としてワイドに、かつ厚みをもって展開を続けるトヨタの新型『クラウン』。昨年末、第2弾モデルの『クラウンスポーツ』(正式名称はクラウン(スポーツ))にPHEVが加わり、今回試乗が叶った。 まず試乗車の「スポーツRS」というPHEVモデルの外観について、既存のHEV「スポーツZ」との違いを述べておこう。ブラックのルーフにエモーショナルレッドIIIという鮮烈なツートンを訴求カラーとしている以外に、デザインや意匠の差異はない。塗装ではなく金型を細かく磨くことで、黒いプラスチック素材そのもので表現されたフロントアンダーグリルからスポイラー、サイドスカードにリアディフューザーの色艶は、PHEVにも健在だ。 だがHEVと見た目の印象がかなり異なる理由は、足元にある。235/45R21に8.5Jというサイズこそ共通だが、標準装備ホイールがマットブラック塗装で矢羽根のようなスポークが交互に入る10本スポークが、ひとつめ。ふたつ目は、ホイールの奥に覗く、PHEV専用に赤く塗装された20インチ対向6ピストンアルミキャリバーだ。 HEVモデルの車両重量1810kgに対し、PHEVは2030kgと+120kg増。より容量の大きなリチウムイオンバッテリーを積んで、動力面で然るべきパフォーマンスと航続距離を確保するためだが、重量増に応じて制動キャパシティを増やすのは、単なるトッピングではなくクラウンスポーツとして王道を感じさせるチューニングといえる。 しかしアピアランスで外観以上に際立つのは、インテリアだ。ここにも専用カラーのレッドがあしらわれ、大胆にもアシンメトリックつまり左右非対称となっている。レッドの素材はラスターと呼ばれる人工皮革。センターコンソールから伸びたこのレッドが、水平基調のダッシュボードで上下に分けられつつ、助手席シート側を包み込むような演出は、エクステリアのフロントヘッドライト、例のハンマーヘッド・モチーフとも巧みに韻を踏んで、とても効果的だ。年配の男性以外に、女性や若い人にマイカーとして選ばれても違和感のない空気感を、いよいよクラウンが…そういう華のある静的質感にまとま
Category
Sport
Sign in or sign up to post comments.
Be the first to comment