オリンピック・パラリンピックを食べて応援 こども園の給食に世界各国の料理が登場 秋田・大館市 (21/08/31 19:00)

東京オリンピックとパラリンピックを応援しようと31日、秋田県大館市の子ども園では、世界各国の料理を給食で取り入れていて、子どもたちがおいしそうに味わった。

 秋田県大館市の南が丘こども園では、東京オリンピック・パラリンピックをきっかけに、子どもたちに世界の国の文化などに親しんでもらおうと、独自の取り組みを行っている。

 このうち、2021年度は給食で世界各国の料理を取り入れていて、31日は鶏のフォー風うどんや、生春巻きなどのベトナムの料理が登場した。

 月2回提供されているというこの特別メニュー。毎回、食べたことのない料理を前に興味津々の様子だという子どもたちだが、きょうも大満足の様子。

 園児の一人は「おいしくてモチモチだった。フォー風うどんが好き」と話すと、ほかの園児は「うどんもおかずもどっちもおいしかった。全部おいしかった」と語った。

 この給食は、2021年度いっぱい提供される予定。
Your video will begin in 20
Skip ad (5)
2 Views
Published
東京オリンピックとパラリンピックを応援しようと31日、秋田県大館市の子ども園では、世界各国の料理を給食で取り入れていて、子どもたちがおいしそうに味わった。

 秋田県大館市の南が丘こども園では、東京オリンピック・パラリンピックをきっかけに、子どもたちに世界の国の文化などに親しんでもらおうと、独自の取り組みを行っている。

 このうち、2021年度は給食で世界各国の料理を取り入れていて、31日は鶏のフォー風うどんや、生春巻きなどのベトナムの料理が登場した。

 月2回提供されているというこの特別メニュー。毎回、食べたことのない料理を前に興味津々の様子だという子どもたちだが、きょうも大満足の様子。

 園児の一人は「おいしくてモチモチだった。フォー風うどんが好き」と話すと、ほかの園児は「うどんもおかずもどっちもおいしかった。全部おいしかった」と語った。

 この給食は、2021年度いっぱい提供される予定。
Category
Cooking and Health
Commenting disabled.