【県内で潜伏か】桐島聡容疑者を名乗る男、神奈川の工務店で働く

Your video will begin in 15
Skip ad (5)
2 Views
Published
1970年代の連続企業爆破事件で指名手配されている桐島聡容疑者を名乗る男が、神奈川県内の工務店で働いていたことがわかりました。警視庁は、本人確認を進めるとともに、桐島容疑者が県内で潜伏していた可能性もあるとみて調べています。

この動画の記事を読む>
https://news.ntv.co.jp/category/society/877e7a49cc2e41d48f6f0850d85c0135

捜査関係者によりますと、今月から神奈川県の病院に入院している男が25日、桐島聡容疑者を名乗り、警視庁公安部が確認を進めています。男は末期がんで、容体は深刻だということです。

桐島容疑者は過激派組織「東アジア反日武装戦線」のメンバーで、1970年代の「連続企業爆破事件」に関与したとして指名手配され、50年近く逃走を続けています。

男は桐島とは別の名前で入院していましたが、その後の捜査関係者への取材で、桐島容疑者の家族構成や本籍など本人しか知り得ない話をしていたことがわかりました。

また入院前、神奈川県内の工務店で働いていたということです。

警視庁公安部は慎重に本人確認を進めるとともに、桐島容疑者が県内で潜伏していた可能性もあるとみて調べています。
(2024年1月27日放送「news every.」より)

Category
News
Tags
社会
Sign in or sign up to post comments.
Be the first to comment