【香港の航空会社】客室乗務員が“客の英語”からかう 音声公開で批判殺到…謝罪

Your video will begin in 15
Skip ad (5)
0 Views
Published
香港の航空会社キャセイパシフィックの機内で問題発言がありました。

21日、中国・四川省成都から香港に向かう便で、乗客が客室乗務員から毛布をもらおうとしました。その時、英語で「ブランケット」と言うところを誤って「カーペット」と言ってしまったといいます。

その後、乗務員スペースで客室乗務員たちが、乗客の英語力をからかうような会話をしていたのです。

機内の客室乗務員らの音声(中国SNSより)
「カーペット、カーペット、カーペット。床にある」

「英語で『ブランケット』と言えなければ、もらえないよ」

「そうだよね」

「カーペットなら床にあるから、寝たいならご自由にどうぞ」

音声を投稿した乗客によると、侮辱的な発言は約2時間半のフライトの間ずっと続いたといいます。

この音声が中国のSNS上で拡散されると、キャセイパシフィック航空には批判が殺到。24日にはCEOが会見を開き、謝罪しました。

キャセイパシフィック航空 林紹波CEO(中国SNSより)
「会社の規則に基づき、関連する3人の乗務員を解雇しました」

さらに、香港政府のトップ・李家超行政長官は24日、「この事案は香港と中国本土の人々の感情を傷つけた」と述べ、この件を問題視し再発防止を求めました。
(2023年5月26日放送「news every.」より)

#キャセイパシフィック航空 #客室乗務員 #香港 #中国 #日テレ #newsevery #ニュース

Category
News
Tags
国際
Sign in or sign up to post comments.
Be the first to comment